カビの大きな原因

天気がいい日に工事をする

内窓に関する豆知識とは

住宅にとって大敵となるのが湿気です。カビの発生原因となるものですが、これは人体への影響もあり、かつ壁紙の交換などリフォームに費用がかかることにもなります。そして冬場に誰もが悩むのが、窓の結露です。これを解決するには、二重窓にするなどの工夫が必要となります。 そこで役に立つのが内窓です。これは、既存のサッシの内側にもうひとつ窓を取り付けるスタイルのものとなります。マンションのように、勝手にサッシを交換することができない場合には非常に重宝するものとなります。また費用も安く、なおかつ工事の時間も短いことから手軽に行うことができる特徴を持つものとなります。さらには、高い断熱効果を生むことにもつながるのです。

工夫すふことで得られるメリットとは

内窓の効果として、結露防止の他に断熱性の向上があります。住宅の室内は、窓を通して外気の影響を受けることになります。夏場にクーラーの効きが悪かったり、あるいは冬場に寒かったりするわけです。そこで内窓を取り付けることにより外気の影響を受けにくくなるわけです。ふたつの窓の間の空気層が外気と室内の温度差を遮断する役割を持つわけです。その結果冷暖房効率が高まり、光熱費を抑えることにつながることになります。 さらに、防犯性の高い内窓を取り付けることによって、窓からの不法侵入を防ぐことができます。空き巣被害の最も多い侵入ルートは窓です。ここでしっかりと防犯対策を行うことによって、その被害を防ぐことが可能となります。